スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

終身 医療保険のポイント・比較|有限会社アイエヌシーエス


医療保険医療保険は入ってはいけない! - Shoulder.jp。終身医療保険の場合は若いうちに加入すれば保険料は変わらない。であれば、1入院の期間の短くて保障額の多い保険に加入しておくのも1つの手かもしれません。仮に、1入院60日しか保障がない保険に加入していて、60日を超えて入院してしまっても保障額が多いなら、通常かかる治療費を上回る保険金を受け取れる可能性があるからです。ということは多少長く入院しても自己負担は少なくて済むか自己負担なしでめでたく退院できるかもしれません。貯蓄性のある医療保険なら、実際の負担額はいくらになるのかを計算してみることをお勧めします。案外掛捨てで安いと思っている医療保険よりも負担が少ない場合もあります。その場合気を付けることはいつの時点で比べるか?ということです。加入後しばらくの間は貯蓄性が低かったりということもあるようです。前回2002年の調査以来250万人も増加しています。

医療保険は入ってはいけない」までは言いすぎだが、「医療保険は入らなくても大丈夫な人もかなりいる」くらいがちょうど内容とバランスが取れていると思う。個人的に心配というか懸念していたのが、「医療費が100万円かかっても、実際の負担は9万円足らず」というのが、公的保険対象のものに限られるということ。つまり、公的医療保険対象外の病気になったらどうすんだ!?ってところ。しかし、これもちょっとした勘違いみたい。なぜなら公的医療保険対象外の病気というものは存在せず、存在するのは、公的医療保険対象の診療(保険診療)と対象外の診療(自由診療)だけ。そして自由診療が保険診療よりも優れているというのは勘違いとのこと。公的医療保険を使って受けられる「保険診療」は、医療行為の種類や範囲が細かく決められており、その価格(医療費)も国があらかじめ「診療報酬点数」として、全国一律に決めています。

お勧めリンク集
医療保険の見直し・節約ガイド | 見直し必要 医療保険 | 定期・終身 医療保険の選び方 | 独身女性の医療保険の見直し | 医療保険の比較口コミサイト



スポンサーサイト

comment

Secret

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。