スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

医療保険


医療保険。保険ノウハウ 女性医療保険編|保険アドバイザー @nifty。最近主流の医療保険も日帰りや一泊二日の入院から保障されるものが多いですね。では、保障は何日まであればよいのでしょうか?病気になる可能性が比較的低く、回復力も高い若い人なら60日あればだいたい大丈夫。しかし、中高年になると120日は欲しいところです。特に脳疾患は入院日数が平均115日というデータ(厚生労働省)もありますから。最近では、病気の種類によって入院保障日数を分ける商品も出てきました。ガン・生活習慣病・女性疾病・三大疾病などを特約でつけることが可能です。ガンの家系であるとか、心配な病気がある人は付けておくとよいでしょう。しかし、特約を付けると保険料は高くなりますから注意して。更新型は、病気の可能性の高くなる70歳や80歳で保障が終了し、更新できなくなります。肝心なときに保障が無いのは困りますから、先々を考えるとやはり終身保障が最もお勧めです。

そこで、女性が大きな死亡保障があまり必要ないという前提の上で、医療保障は確保したいというニーズを元に、最近では女性限定の医療保険商品や、医療特約が増えてきています。■女性医療保険はどんな保障?  基本的には、入院・手術に対して給付が受けられる医療保険と同じなのですが、女性特有の病気については保障が上乗せされています。具体的な例で申し上げますと、子宮がん・乳がん・子宮筋腫・子宮内膜症などで、入院した場合は通常の給付日額に上乗せされるとか、手術した場合も手術給付金に上乗せされて支給されるというタイプが一般的です。約4割の方は90歳まで、約2割の方は95歳まで生存するというデータが出ています。高齢になればなるほど病気・ケガの確率は高くなりますので、終身で保障を準備できら安心ではないでしょうか? 定期は加入時の保険料は割安ですが、5年・10年など更新ごとに確実に保険料はアップします。

お勧めリンク集
アリコの女性医療保険 | 医療保険講座 チューリッヒの医療保険 | 医療保険の賢い選び方・見直し | アフラックの人気医療保険 | 医療保険 口コミ見直しサイト


スポンサーサイト

comment

Secret

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。