スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

終身と医療保険 : 女性の医療保険と終身のおすすめ情報


比較。アメリカの医療保険 [研究者の妻たちへ ~ 子供を連れてアメリカ留学]。女性医療保険と終身保険のおすすめ情報はこのサイトでもご紹介していますが、もっとも重要な点は、患者自身が主体となって手術等をすすめることができる病院かどうかだといえるのではないでしょうか。日本の公的医療制度は、国民皆保険という世界的にもまれとも言える優れた制度なんです。そんな優れた日本の公的医療制度が、高齢者医療の負担増や規制緩和などという大義名分のもとで、どんどんと制度が崩されています。「医療保険は入ってはいけない!」の著者である内藤氏は、「それで本当にいいのか。CMに踊らされてサイフを開いてしまう前に、考えるべき問題があるはずです。女性医療保険と終身保険のおすすめ情報はこのサイトでもご紹介していますが、民間よりも公的な医療保険のあり方に、まず目を向けてもらいたい。」と訴えるとともに、内藤氏の強いメッセージが本のタイトルにもあらわれています。

しかし、多くのアメリカ人と、留学・赴任者を含めた外国人は、民間の医療保険を使うことになります。公的に統一された保険ではなく民間のものですので、その種類や条件は本当に様々ですが、代表的なプランには次のようなものがあります。fee-for-service(ffs)出来高払い保険です。自分の行きたい医師・医療機関を受診できます。医療費抑制のために、マネッジド・ケア(managed care)が導入されたので、研究者の家族が使う機会はあまりないと思います。pcpが必要だと思えば、ネットワーク内の専門医を紹介してくれます。pcpは、大人の場合は内科医(internist)か家庭医(family physician/practitioner)で、子供の場合は小児科医(pediatrician)か家庭医です。しかし、多くのアメリカ人と、留学・赴任者を含めた外国人は、民間の医療保険を使うことになります。

お勧めリンク集
医療保険 口コミ見直しサイト | 医療保険・最新ランキング | 女性に人気 いまどきの医療保険 | 今どきの保険市場・医療保険比較 | 見直しできる医療保険



スポンサーサイト

comment

Secret

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。