スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【楽天市場】医療保険事務コース:学校法人産業能率大学


医療保険。75歳以上を対象とする独立した医療保険制度がスタート (nikkeiBP on ...。★ 医療保険士資格と仕事 ★診療報酬の点数を算定し、レセプト(診療報酬明細書)を作成して保険者に請求するのが医療保険士の仕事です。調剤報酬請求事務専門士が薬局内での調剤に限られているのに対し、医療保険士の仕事は医療機関内のすべての診療行為が対象になります。本学の医療保険事務コース受講後、修了検定試験合格で取得できます。合格者は、医療保健センターの正会員に登録され、就業のサポートが受けられるメリットがあります。★ 産能大の通信講座はここが違う ★■医療事務全般を体系的に学ぶとともに、カルテの例題でレセプト用紙を使いながら、実習体験ができます。■医師および事務経験者が編集作成しているので、実務に即したカリキュラム構成になっています。※医療事務分野の専門養成機関として実績を誇る医療保険学院が教材と指導を提供します。医療事務の断片的知識を整理し、体系的に習得することができるだけでなく、 病院や診療所などで、医療活動を円滑にすすめていくための医療事務に関して、適切なアドバイスを行う力を養成します。

従来、75歳以上の人は国民健康保険などの公的医療保険に加入したまま、医療を受ける際には老人保健制度に基づいて受診をしていました。独立した医療保険制度の実施に伴い、これまで加入していた国保や職場の健保などからは抜け、新しい制度に自動的に加入することになります。医療費を抑えるために基本検診を廃止 これまでの老人保健制度は老人保健法を根拠とする制度。同法は、「老後における健康の保持と適切な医療の確保を図るため、疾病の予防、治療、機能訓練等の保健事業を総合的に実施し、もつて国民保健の向上及び老人福祉の増進を図ること」を法律目的としていました。これに対して後期高齢者医療制度は「高齢者の医療の確保に関する法律」に基づくもの。「高齢期における適切な医療の確保を図るため、医療費の適正化を推進するための計画の作成及び保険者による健康診査等の実施に関する措置を講ずる」となっています。従来、75歳以上の人は国民健康保険などの公的医療保険に加入したまま、医療を受ける際には老人保健制度に基づいて受診をしていました。

お勧めリンク集
医療保険・資料請求ランキング | 保険節約術!医療保険ランキング | 医療保険ならアフラックEVER | 医療保険の安心な見直し方・選び方・節約術 | 終身医療保険のメリット・デメリット



スポンサーサイト

comment

Secret

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。