スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

公的医療保険一元化を


医療保険医療保険・がん保険に関するアンケート : ネットリサーチならマクロミル。) 公的医療保険一元化を岩本 康志? 公的医療保険の給付と負担の制度間格差は,歴史的経緯により,被保険者の健康状態と負担能力が制度間で大きく違うことが主因である。 ? 根本的な解決策は,すべての国民を被保険者集団とした制度のもとで共通の給付と負担の仕組みを適用する,「制度一元化」である。現行の組織を維持し,財政調整方式を変更すれば,わずかの移行費用で一元化は実現できる。 ? 各保険の努力で回避できない危険だけを一元的制度で負担することにより,医療費節約などの自助努力の誘因を各保険にもたせることが可能である。  被保険者集団の設計見直せ  伸び続ける医療費が医療保険財政を圧迫している。政府は,97年5月から,医療保険の負担増を計画しているが,さらに抜本的な医療保険改革が必要とされている。) 公的医療保険一元化を岩本 康志? 公的医療保険の給付と負担の制度間格差は,歴史的経緯により,被保険者の健康状態と負担能力が制度間で大きく違うことが主因である。

女性向け医療保険では「住友生命」(18.5%)が最も高く、次いで「共済」(16.7%)。がん保険では「アメリカンファミリー」が53.3%と際立って高く、「アリコジャパン」(13.3%)が続く。加入時期は「ここ1年以内」が28.9%で最も高く、次いで「1~2年前」が22.7%。加入時期別では、「3~4年前」、「5~10年前」の層で見直し意向がある人(「ぜひ見直したい」+「見直してもよいと思う」)が「見直す必要性はないと思う」を上回っている。資料請求のきっかけとしては、「病気やけがへの不安を感じて」(63.3%)、「自分の年齢を考えて」(41.0%)が際立って高い。(注:「いずれも加入していない」という人は、最近1年間に医療保険やがん保険の資料請求をしたことがある人である。その結果、「アメリカンファミリー」が約3割で最も高く、次いで「共済」が26.8%であった。

お勧めリンク集
女性におすすめの医療保険 | 医療保険見直し相談 | 独身女性必見!賢い医療保険の選び方 | 医療保険紹介☆アフラックの終身医療保険 | 保険節約術!医療保険ランキング



スポンサーサイト

comment

Secret

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。