スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

病気やケガに備えよう!医療保険のキホン:マネージャンル:保険 ...


医療保険医療保険の検討。医療保険を考えるときには、まず保険でどこまで備えたいかをはっきりさせておいた方が良いでしょう。健康保険対象外の費用を家計から出せるという場合は、差額ベッド代を目安に医療保険の保障内容を考えましょう。※H20年5月現在の公的医療保険制度に基づく医療保険では一入院(1回の入院)で保障される日数に制限があるのが一般的です。場合によっては、同じ病気で再入院する際、次の入院まで一定期間経過していないと続きの入院としてみなされますので注意が必要です。また、入院が長期化する三大疾病に関しては、保障される入院日数が長めの方が安心でしょう。健康保険の対象とならないものとして、先進医療があります。例えば、画像支援ナビゲーション手術、人工中耳、筋緊張性ジストロフィーのdna診断などがそれにあたります。(平成20年3月1日現在)また病気によっては、自宅で長期療養が必要なこともあり、一時金としてまとまった給付が出る医療保険やがんの保障が上乗せされる保険なども良いかもしれません。

ところが、2001年に医療保険、ガン保険、介護保険が一般の保険会社にも解禁され、最近は保険会社の多くが医療保険を主契約とする保険を扱っています。更新型の医療特約や医療保険では保証期間が70歳や80歳に制限されていることが多く、これからの高齢化社会では役不足です。そこで注目されているのが生きている間補償してくれる終身医療保険です。終身医療保険の概要終身医療保険にもいくつかのタイプがあります。タイプ別特徴を次表にまとめました。もちろん、毎月の保険金額は生涯払い続けるタイプの方が安いのですが、長生きする自信のある人は期間限定で支払いを終えるタイプの方が生涯支払額は少なくなります。また、被保険者が死亡したときに死亡一時金が支払われるタイプと支払われないタイプがあります。こちらも死亡保険金が支払われないタイプは保険金額は安いのですが、生涯収支で考えると死亡一時金が支払われるタイプの方がお得な場合があります。

お勧めリンク集
役立つ情報・医療保険の比較ポイント | 独身者の終身型医療保険 | 見直しできる医療保険 | 見直して安心!人気の医療保険 | 医療保険見直し相談 アフラック保険



スポンサーサイト

comment

Secret

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。