スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

さいたまこくほweb/医療保険のしくみ


医療保険。連合|医療・医療保険制度の改革に向けて。これが医療保険制度です。あらかじめみんなで出しあったお金(保険税(料))をプールして、医療が必要な人に、そこから費用の補助をするのです。このうち国保(国民健康保険)は地域保険にあたります。当たり前のことのようですが、世界的にみても、きわめてすぐれたシステムなのです。たとえばアメリカでは、公的な医療保険を使える人は高齢者と低所得者に限られています。それ以外の人たちは、民間の医療保険しか選択肢がありません。しかし、民間の医療保険は保険料が高く、2割近くの人が民間の医療保険にも入っていないのが現状です。それに比べ、国民皆保険のわが国では、公的医療保険制度により、すべての人が比較的軽い負担で、必要な医療を治るまで受けることができるのです。国民医療費は近年、年間約1兆円ずつ増え続け、平成11年度には30兆円を超えました。

窓口での自己負担3割を導入した2002年の健保法等の一部改正後に政府の基本方針が閣議決定され、その内容を具体化するために、2003年5月から社会保障審議会の医療保険部会、医療部会で検討されてきました。 今回の制度改革は、1997年からの改革論議の集大成とも言えるものです。 また、医療提供体制については、患者等への医療に関する情報提供、医療計画の見直し等を通じた医療機関の機能分化と連携、医師不足対策などの推進が図られることになります。 医療提供体制は改革が進みつつありますが、医療保険制度については、「負担増・給付削減」であることには変わりがなく、とりわけ高齢者については大幅な負担増となっています。また、後期高齢者医療の制度や財政運営のあり方、後期・前期高齢者医療制度、退職者医療制度などへの支援金等、若年者の財政負担の増加など、今後に大きな懸念と問題を残しています。

お勧めリンク集
終身 医療保険 格安安心比較 | 見直して安心!人気の医療保険 | 医療保険の徹底比較 | 見直しできる 積立医療保険 | 定期・終身 医療保険の選び方



スポンサーサイト

comment

Secret

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。